タグ別アーカイブ: 飯香の浦

4月からのダイヤ改正(長崎バス)

いよいよ、明日から4月ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
交通部です。

image
今度は、昨年と同じく4月6日にダイヤ改正を行う長崎バスについてです。
今回のダイヤ改正では、けっこう大きな変化があるようです。
今年もやってくれます!
そちらを紹介していきましょう。


エアポートライナー(道の尾・川平バイパス経由便)
image
こちらの経路は従来に加え、諫早インター停留所も通るようになります。
赤○が、新しく停車する停留所です。
県営バスの高速大村シャトルに似てますが、まず大橋~井手園・川平バイパスを通るところが違いますし、長崎空港発着ですので、全部が同じというわけではありません。
今回の改正点はそれらに加え、長崎大学前・バイパス多良見・諫早インター(上記どおり)・大村木場・桜馬場・中古賀島にも停車します。
長崎駅前~井手園は、長崎市内行きは降車のみの対応、長崎空港行きは(ココウォーク茂里町始発から井手園まで)乗車のみ対応です。
桜馬場~長崎空港は、長崎市内行きは乗車のみの対応、長崎空港行きは降車のみ対応です。
バイパス多良見・諫早インター・大村木場の3停留所は、長崎市内行き・長崎空港行きともに、乗降いずれも対応です。
県営バスの空港リムジンバス昭和町経由便と同様に、松山町にも停まりますので、教会まで徒歩6分ほどです。

この路線の改正については、こちらから長崎バスホームページをご確認いただけます。
エアポートライナー(道の尾経由)について


長崎新地ターミナル・小江原北高前~本原1丁目~フランシスコ病院前~西山台団地~三川町線
image
こちらも県営バスに対抗するのかw、上図のように新路線が登場します。

この路線は、表記をよく読んでみると、長崎新地ターミナル外(おそらく4番系統と同じ)のりばより発車し、4番系統と同様に銅座通りを通って浜の町・中央橋へ、さらに大波止・大学病院前経由で浦上天主堂前を通り、その先は県営バス循環線(5番/6番系統)と同様に一本木へ、三原小学校前・三原団地は通らず西山台団地に入り、三川町に至るようです。
便数表記から推測するに、朝以外は上下それぞれ毎時2便程度ではないかと思われます。

もうひとつは、三川町からカトリックセンター前まで同経路で、天主堂通りを通って浦上天主堂前・平和公園下へ、松山町停留所はなく、市民プール前から城栄町や小江原北高前に至ります(こちらは通学時間帯のみ運行です)。

これまで、長崎市中央から教会最寄りの浦上天主堂前に行くには、長崎バスですと江平線(8番/20番、中央橋発)とミニバス元気くん号(ココウォーク茂里町発)に限られていましたが、この路線でも降車可能となるようです(もし仮に浦上天主堂前通過でも、カトリックセンター前から教会へ徒歩5分ほどです)。


ココウォーク茂里町(・南高前・立神)~芒塚~矢上~つつじが丘線
image
こちらも県営バスに対抗するっぽい感じですね。w
これまで、長崎バスでつつじが丘へ、あるいは長崎市街地へ行くには、矢上あたりで乗り継ぐ必要がありましたが、この便に乗ることができれば乗り継ぎナシでつつじが丘へ(から)行くことができるようになります。
ココウォーク茂里町~つつじが丘の便は、上下それぞれ毎時1便ほどと思われます。
昨年度は立神~東長崎の直通がなくなっていましたが、ふたたびこの直通が登場します(とはいっても、2便だけとのことですが)。
中央橋では、鉄橋前で降りることができるので、教会へさらに行きやすくなります。

4ミニバスゆりちゃん号
image
経路は従来どおりですが、江平3丁目・江平中登口(えびらちゅうのぼりぐち)バス停が新設されます。
江平地区における乗降が、さらに便利になります。
平和町商店街を経由するか否かについては、特に表記がありませんので、従来と同じ具合であろうと思います。


緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
image
のぞみの杜入口バス停が新設されます。
池原~三根の1停間は1kmほどに及ぶ長い区間でしたが、間にのぞみの杜入口バス停新設で、地域の方々の乗り降りが便利になります。


中山ダム線
image
中島公園前バス停が新設されます。
時津の日並地区が便利になる点も挙げられますが、それより1日の便数が極めて少ない区間に停留所が新設される例はかなり珍しいです。


茂木方面~ココウォーク茂里町線新設
停留所名の変更
image
茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)とココウォーク茂里町を結ぶ便が新設されます。
…………かつては溝川までを結んでいた路線なので、新設というよりはココウォーク茂里町まで復活するといった方がいいかもですが。

ゆたか荘前(香焼地区/コミュニティバス香焼三和線)
→円福寺前
海の健康村(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→アレガ軍艦島
野母崎小学校前(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母公民館前
野母崎病院(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母崎診療所
式見ハイツ(あぐりの丘付近/あぐりの丘線・コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル
式見ハイツ入口(式見地区/コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル入口
日吉青年の家入口(日吉地区/飯香の浦線)
→日吉自然の家入口

長崎バスのダイヤ改正のおもな点については以上です。
長崎バスのダイヤ改正については、こちらからもご確認いただけます。
長崎バス一般路線のダイヤ改正について

お問い合わせは、長崎バスホームページ、またはココウォーク茂里町バスセンター・新地総合サービスセンター案内係(長崎新地ターミナル)へどうぞ。

長崎バスホームページはこちらから

image

長崎バス旅1

異国情緒あふれる、坂の多い街、長崎。
その長崎を、いろいろなテーマでツアー化してみることにしました。

このシリーズにおいてのルールを、いくつか決めておこうと思います。

①一般路線バスや路面電車などで巡ることを前提としておりますので、観光バスツアーなど定型化されたものは紹介しません。あらかじめご理解いただきますよう、お願い申し上げます。
②ルート編成において、拠点は教会とし、目的地以外での乗り換えにおいては区間が重複しないよう、かつ、同一の(または同一扱いの)停留所で乗り換える場合の表記とし(実際に乗る際の乗り換えは、各自で自由です)、時刻は決めないものとします。
③運賃はすべて通常運賃(および、その合算)とし、定期券や学生回数券など利用に伴う区間外運賃は考えないものとします。
スマートカード利用の際に発生する乗り継ぎ割引も、考えないものとします(路面電車を、築町で30分以内に乗り継ぐ場合を除く)。
④以下の凡例を使用します。
・長=長崎バス
・県=県営バス
・路=路面電車(長崎電気軌道)
・数字=系統番号
・〔 〕=号名
・*=系統番号なし・号名なし
・系統番号or*の右の停留所名=行先(表記がない場合はどの行先でも可)
・¥○=運賃
・○(①や⑤など)=目的地

最初は、坂をテーマにして巡るルートをご紹介します。

image

image

50番系統-飯香の浦(いかのうら)行きは、ココウォーク茂里町や立神から発車しており、長崎バスの路線の中でもっとも長い坂が特徴です。
浜の町を東に抜け、思案橋から坂が始まり、それは白木を越えて重篭(じゅうろう)あたりまで上りが続きます。
さらに、甑岩(こしきいわ)を過ぎると、太田尾や飯香の浦まで下りが続きます(太田尾から日吉までは折り返し区間のため、一度上ります)。
山越えコースそのもので、愛宕町~白木~六本松と、日吉青年の家入口~宮の下のカーブは、バスが何度もスレスレで曲がりきるところがスリル満点です。

image

田上-矢上線は、太田尾や飯香の浦を通り、矢上・年の神から茂木・田上までを結びます。
狭い道を通るところが含まれているため、一般型は使われておらず、マイクロバスが使われています。
宮の下・飯香の浦と片峰の間の右左折も、けっこうなスリルです。

image

一方こちらは、市街地にほど近い、坂の上のショッピングゾーン、岩見橋からの展望です。
浦上地区を一望する景色は、眺める分にはいいところですし、メルクス長崎やPCデポ、清香園(焼肉レストラン)、ふくの湯などがあって便利です。
が、生活のために歩いて上り下りするには少し大変でしょう。
右に見えるあの階段は、長崎の斜面を物語ります。

image
市街地には他にも、ふもとに広がる繁華街(崇福寺入口~中央橋~公会堂前)から風頭山に至る坂や、市街地南部(東山手・南山手~鍋冠山~戸町)、市街地北部(三原~西山台、西山~立山、片淵、江平)、市街地西部(稲佐~飽の浦地区、城山地区)、市街地東部(小島~田上~三景台団地)などにおいて、斜面に家々が立ち並んでいる光景を見ることができます。

坂を、路面電車では登ることができません。
交通空白地帯も所々あり、歩くには一苦労を強いられる斜面も多いのが現状です。
しかし、車を所有したりタクシーに乗ったりすると、大きな経済的負担がかかります。
それゆえ、バスの大切さを今一度、再認識することができますね。

では、冒頭のルールを踏まえて、一般路線バスでツアー化してみます。

【市街地編】
市街地の坂を歩くコースです。
如己堂下
↓長20(江平経由)¥(1日乗車券)
宝町
↓長5稲佐山¥(1日乗車券)
①稲佐山(展望台でない)
↓長70風頭山¥(1日乗車券)
風頭山
↓歩
③風頭山展望台・亀山社中(入場料300円)
↓歩
④アルコア中通り商店街~ベルナード観光通り~浜んまちアーケード
↓歩
⑤築町~県庁坂
↓歩
元船町(夢彩都)
↓長〔うみかぜ〕二本松団地¥(長崎バス1日乗車券使用+¥140)
二本松A棟
↓歩
⑥鍋冠山展望台
↓歩
⑦グラバー園第2ゲート
↓歩orグラバースカイロードorグラバー園入園(入園料600円)
石橋(入園の場合は大浦天主堂下)
↓長60¥(1日乗車券)
川上町
⑧川上町井戸ポンプ
川上町
↓長6¥(1日乗車券)
中央橋
↓長10¥(1日乗車券)
⑨弥生ヶ丘
↓長¥(1日乗車券)
中央橋
↓県5循環¥300
(片淵や西山台・三原を通ります)
浦上天主堂前

運賃合計(長崎バス1日乗車券使用)
¥1010(現金・スマートカード510¥+1日乗車券¥500)

【郊外編】
おもに郊外の坂やカーブを体験するコースです。
如己堂下
↓長20(江平経由)¥150
宝町
↓長50飯香の浦¥340
①飯香の浦
↓長〔田上矢上線〕田上¥250
田上
↓長10三景台団地¥140
②三景台団地
↓長5¥150
小島
↓歩(実際に階段を下り、路地を歩いてみます)
③浜の町かいわい(買い物・食事など)
↓歩
長崎新地ターミナル
↓長3(春木町経由も可)相川・大見崎・桜の里ターミナル¥420
④中尾先・相川
↓長20(福田経由)¥420
宝町
↓長8¥150
浦上天主堂前・神学校前・如己堂下

運賃合計
¥2020

田上-矢上線

image

【経路】
田上-茂木港-北浦-(飯香の浦)-日吉-(太田尾)-網場-日見公園前-ジャスコ前-矢上

日吉方面(田上行き・茂木行き)行きは、ペンギン水族館前にも停まります。

2013年4月に、既存の路線が延伸され、この経路になりました。
当時、長崎バスのみで昼間に矢上地区に乗り入れようとする場合、行けるのはこの路線だけでした。
全便、一般サイズより少し全長の短い車輌〔マイクロバス〕で運行される路線です。

担当営業所:神の島営業所

飯香の浦

image

image

飯香の浦
いかのうら
長崎市(太田尾地区)

飯香の浦線は終点(起点)、田上-矢上線(2013年に延伸された路線)は経由する便としない便があります。
近くはビニルハウスがあったり、砂浜があったりします。

image

image

image

イカが釣れるのかな?w
ある牧師が「たこのうらはないんですか?」と聞かれましたが、残念ながらそれはありませんでした。日本じゅう探せばありそうですが・・・。

というわけで、(早いですが)クイズの答えは、
6)さんぜんごうち(山川河内)
7)いかのうら(飯香の浦)
でした。
6は、「河内」は多くの方がお分かりと思われますが、「山川」が意外な読み方で、驚く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

飯香の浦線

image

image

image

飯香の浦線(立神・ココウォーク茂里町-飯香の浦)は、崇福寺入口から日吉まで、ひたすら山越えする路線です。
特に、愛宕町-白木-日吉の急カーブは、まさに山道を思わせます。

飯香の浦行きの最前席(左)からの眺めは、山川河内からは海が見えてよい景色であると同時に、急カーブの連続はスリル満点です!

担当営業所:神の島営業所

では、ここでクイズを2つ。

6)「山川河内」の読み方は?
7)「飯香の浦」の読み方は?

ちなみに、前回のクイズの答えは、
4)かいまえばし(皆前橋)
5)みんざき(水崎)
でした。
4は、「皆」だけ音読みなので、普通には分かりにくいですね。
5は、「水」を「みん」と読んでいます。これだけで意外と難読になりますね。