タグ別アーカイブ: 1丁目

県営バスの新路線、運行開始。

県営バスでは、ハートセンター前~総合福祉センター~浦上天主堂前~本原1丁目~昭和町~住吉~滑石団地(北陽小学校前)の運行を、平日のみ開始しました。

運行されるおおよその時刻は、次の表のとおりです。

この路線と停留所は次のとおりですが、ハートセンター前行きは松山町を通過し、滑石団地行きは附属小学校前がありませんので、ご注意ください。

路線形状の都合上、長崎市の中央市街地(長崎駅や中央橋など)へ行くには不向きですが、浦上天主堂前にも停まりますので、滑石団地やハートセンター前などからも教会に行きやすくなりました。

ただ、平日のみの運行で、かつ、時間帯が狭いのが少々残念とも言えます。
時間帯がもっと広く、さらに土休日も運行されれば、礼拝にも行きやすくなりますね。
詳しくは、県営バスホームページにてご確認ください。
今回の情報は、トップページ右側の最新情報をクリックし、PDFダウンロードでの表示となります。

明日からのダイヤ改正について新旧比較

月曜(昨日)、長崎新地ターミナルで、配布開始された長崎バスの新しい時刻表をいただいてきました。

image

はい、新しい時刻表はこの表紙です。
皆さん、覚えてくださいね~(何)。
欲しい方は、長崎バスの各窓口にて配布されておりますので、そちらでお受け取りください。
・ココウォーク茂里町バスセンター
・新地総合サービスセンター(長崎新地ターミナル)
・長崎バスの各営業所(大橋・松ヶ枝・柳・桜の里・時津・東長崎・神の島)

あまり余分には発行されていないと思われますので、基本的には1人1冊という条件ですが、無料です。
いろいろな路線を乗られる方には必須アイテムといっても過言ではないでしょう。

あと、カバーはついてきませんので、各自で別途、100均や文具店で買い揃えてくださると、よりきれいに1年間使うことができるので、おすすめです。
ちなみに自分は、昨年度の時刻表につけていたビニールカバーを再び使いました。

昨日、長崎バスの時刻表(冊子)を新旧並べて見比べてみた結果、以下のように違いが出てきました。

各項目のうち、左のマークは、
・=平日と土休日のダイヤ
○=平日ダイヤ
△=土休日ダイヤ
についてです。

毛井首団地線・小ヶ倉団地線
・ココウォーク茂里町-小ヶ倉団地経由-毛井首団地の便の運行開始。
※小ヶ倉団地経由便は、鶴見台を経由しません。

稲佐山-愛宕町-田上・唐八景・茂木線
○神の島教会下712発→大波止行き(大波止741着)の追加。
・茂木港発着便の各種変更(時刻・発着停留所など)

三景台団地線
○WACセンター(シンフォニー稲佐の森)行きと立神行きの時刻逆転。

風頭山線(愛宕町経由)
○午前中の一部の立神行きを、風の広場前(みなと坂)行きに延伸。
△土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

早坂線・飯香の浦線
・早坂経由便への変更。
(平日の飯香の浦1705発→立神1803着)
(土休日のココウォーク茂里町1928発→飯香の浦2020着)

矢の平線
○南高前1900発→中央橋1918着の便追加.

矢上線
・馬場発着便をつつじが丘発着へ延伸(一部例外あり)。
※鶴の尾団地は経由しません。
○ココウォーク茂里町発→憩の家前経由→年の神行きを1時間繰り下げ。

神の島-大浦-田上線
・ダイヤランド発着(八景町経由)便を上戸町発着に短縮。

立神-横道線
○下大橋725発→西町・横道経由→長崎明誠高校(802着)行きを追加。
○下大橋710発→神の島一丁目(752着)行きを、立神(736着)行きに短縮。

福田線
○神の島一丁目発着(焼却場前経由)便を、中央橋発着からココウォーク茂里町発着へ変更。
・相川発着便の最終を、福田車庫前行き・柿泊発に短縮。
△ココウォーク茂里町発着を、すべて長崎新地ターミナル発着へ変更。

小江原ニュータウン・相川線(城栄町経由)
△相川935発・1005発(長崎新地ターミナル行き)を、大見崎921発・1001発に延伸。

滑石線
△土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

江平線
○中央橋720発・長崎駅前755発の江平中学校前行き、江平中学校前755発・820発の中央橋行きを廃止。

本原経由三川町線
・新設路線。三川町行きは8番系統、長崎新地ターミナル行きは20番系統。

三川町・西山台線
△土曜ダイヤと休日ダイヤを一部統合。

恵の丘線
△土曜ダイヤと休日ダイヤを一部統合。

長与ニュータウン線
・上床730発→県立大学シーボルト校前804着の追加。

満永線
△多良見大浦発着便を、土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
・一部の便を、長崎新地ターミナル-道の尾・北陽台高下・緑ヶ丘団地経由-琴の尾登口へ変更。
○琴の尾登口710発→長与第二中学校前(727着)行きを、5分繰り上げ、長崎新地ターミナル行きに延伸。

時津-長与線
○長浦717発→溝川747着を追加。

琴海方面各線
・桜の里ターミナル発着便を、時津北部ターミナル経由へ変更(石原発を除く全便)。10~15時台以外にも、時津北部ターミナルで乗降可能に。
・(長崎新地ターミナル発)時津北部ターミナル行き→大串行きの待ち合わせ時間を5分延長。
・一部の便を中央橋発に短縮(短縮便が若干数増加)。

・・・以上です。
詳しくは、長崎バス時刻表をご覧になり、お確かめください(電話・ホームページでは確認が難しく、また窓口などでは対応しかねる場合がございます)。

長崎バスではいよいよ明日からダイヤ改正ですが、この他にも時刻が一部変わるところがありますので、あらかじめお確かめの上、ご乗車ください。

あるとき、突然!

今日の祈り会(~21:00)のあと、牧師から残り時間わずかながらもサンキューパスをいただきました。
主に感謝。

image

普段、手帳提示で半額(昼間全線フリー定期券の半額を含む)で乗るばかりの自分にとって、割引きかないサンキューパスは初めてです。

中面と後ろはこのようになってます。

image

image

祈りの課題が浮かび上がってきそう。w

・・・さて、いただいたはいいものの、どうしよう。
教会から外に出たのは21:10ぐらいだったので、遠くに乗って出られる自信がなく。
仮に遠くに乗れたとしても、外泊して(、さらには運賃払って)帰ってこれるほどの経済もない。
で、浦上天主堂前から(県営バスの)6番循環に乗りました。

浦上天主堂前→本原1丁目→三原団地→西山台団地→三つ山口→中央橋。
途中、長崎市街地の夜景をちらほら見ることができます。

三原団地

image

三つ山口で8分の停車時間があったので、

image

image

写真を撮ることにしました。
三つ山口の全体は、このようになってます。

image

image

この看板で見て取れることは、三つ山口は停留所であるとともに、「方向変換場」という扱いでもあるらしいです。
でも、三つ山口行き以外は方向変換しませんし、そもそも三つ山口行きそのものがほとんどありません。
三つ山口で方向変換される場合は、場内で方向変換できるほど広くはないっぽいので、本線道路+場内で一つの環になるように方向変換するであろうと思われます。

中央橋からは、普通に家路に就きました。