タグ別アーカイブ:

やっぱりそうなったか!

長崎電気軌道(路面電車)では先日、試運転が行われ、次のようになったそうです。

———————————–
6月2日に発生した公会堂前での脱線事故の影響により一部運休していましたが、10日(金)15:30より「3号系統 赤迫行き」以外は運行再開いたします。

1号系統(赤迫⇔正覚寺下)通常運行
3号系統
 ※赤迫⇒蛍茶屋は3号系統で運行
 ※蛍茶屋⇒赤迫は2号系統で代替運行
4号系統(正覚寺下⇔蛍茶屋)20分間隔で運行
5号系統(石橋⇔蛍茶屋)通常運行
———————————–
とのことですが、簡単に言えば、
1・4・5号系統は全区間運行(4号系統は便数を減らして20分間隔で)。
3号系統は蛍茶屋行きのみ復帰。
蛍茶屋→赤迫は2号系統で。
・・・ということになります。

image

image

ただし実際は、「3号系統赤迫行き」は、朝夕ラッシュ時間帯に限り公会堂前始発で運行されていますので、急ぎの場合に備えてその3号系統を覚えておくといいと思います。
前回(1月頃)と同じところで脱線事故が起きていたため、3月頃の運行形態と同様ですが、しばらくはこの形が続きそうですね。

詳しくは、こちらをご参照いただければ幸いです。
長崎電気軌道案内ページへ

やはり、再び2号系統の出番です。

路面電車の運行状況

やはり、運休区間が出ています。
—————————————-

6月2日に発生した公会堂前交差点での脱線事故の影響により当社路面電車を下記のとおり一部運休いたしますのでお知らせいたします。

【運休期間】
6月3日始発~未定

【各系統の運行状況】
1号系統(赤迫⇔正覚寺下)通常運行
3号系統(赤迫⇔蛍茶屋)運休
4号系統(正覚寺下⇔蛍茶屋)運休
5号系統(石橋⇔蛍茶屋)一部運休(石橋~築町で折返し運行)

大変ご迷惑をおかけいたします。
運行再開時も本サービスにてお知らせいたします。

—————————————-

前回の脱線事故当時に近い運行・運休状態です。

この状況で浜の町へ行くとなると、1号系統に乗らないと行けないことになります(5号系統→1号系統への乗り継ぎを含みます)。

公会堂前脱線事故は今回が初めてというわけではありませんので、いろいろと公がまた絡んできそうです。
果たして、長電はどう対処するでしょうか。

ちなみに、各バス路線への影響はなさそうです(あっても軽微なレベルかと)。

2月29日より

image

赤迫(または浦上車庫前)→蛍茶屋のみ、3号系統の運行が再開されます。
蛍茶屋→赤迫(または浦上車庫前)は、現状どおり2号系統で運行されます。

また、4号系統が20分間隔となる(間隔が長くなる)ため、西浜町(銅座側停留所)にて、1号系統(観光通り~正覚寺下での乗降に限る)と2・5号系統(賑橋~蛍茶屋での乗降)の間で、相互乗り継ぎの取扱いがされるようになります。
※2号系統と5号系統の間では、乗り継ぎの扱いとなりません。

3月7日からは、平日朝夕のラッシュ時のみ、公会堂前発→赤迫行きが運行されます。
蛍茶屋~諏訪神社前の各停留所から乗って、公会堂前で乗り継いで、桜町方面に行けるようになります。
教会の月曜礼拝と水曜祈祷会に関係しますね。

内容はこちらからどうぞ

ちなみに、1号~5号系統がそれぞれどのようになっているかは、この図で紹介されています。

image

詳しくは、長崎電気軌道ホームページにて、今後の発表をお待ちください。

当分、3号系統はないそうです

image

本来なら終発のみの2号系統が、今は朝から夜まで大活躍です。
確かに3号系統と比べると、赤迫-蛍茶屋の所要時間が10分強ほど長くなりますが、鉄道好きには逆にヨダレものですね。w

ところで今、路面電車で完全に機能していない電停は、桜町だけです。
3号系統がないとはいえ、長崎駅前も公会堂前(2・4・5号系統のりばのみ)も機能しています。
強いて言えば、桜町の他は、公会堂前の3号系統専用のりばです。

ところで、今日は普通の平日で、特に何かのイベントがあるわけでもありませんが、浦上車庫前方面~築町の電車も運行されていました。

【路線紹介】下大橋-ダイヤランド線

image

下大橋-ダイヤランド線

担当営業所:大橋営業所・ダイヤランド営業所

おもなルート:
下大橋(発:40番/着:4番)

西城山小学校前

ロープウェイ前

宝町──ココウォーク茂里町(発:40番/着:100番)

市役所前・大波止

二本松口・戸町(三丁目)

新戸町団地

ダイヤランド車庫(発:4番・100番/着:40番)

紹介:
下大橋とダイヤランド車庫を起点とする路線のひとつです(一部、ココウォーク茂里町発着もあります)。

戸町と上戸町を直結する便があるのはこの路線(の、戸町経由)のみです。
戸町経由に限っては、珍しい「離合(待ち)のための信号」の区間を通ります。

二本松口経由の本数が多いので、二本松口(山手)側の住民の足としても非常に需要が高いのも魅力です。

ダイヤランドに関しては、大多数の便がこの路線です。

また、下大橋行きは長崎新地ターミナルから東向きに入り、浜の町(野村證券前?)を経由します。
そのため、長崎新地ターミナルでは(ターミナル南側の停留所に停車するため、)信号を歩いて渡る手間がかかりませんし、アーケードに向かう人々にとっても非常に利便性の高い経路です。