タグ別アーカイブ: PDF

スマホ・タブをもって出かけよう#3(その2)

ダウンロード後に、ESファイルエクスプローラを開き、「内部ストレージ」の「Download」フォルダから先ほどのファイル名を探します(検索が便利です)。
※端末や設定状態によっては、異なるフォルダに保存されているケースも考えられますが
、基本はこのフォルダに保存されています。

ファイル名の右に黄緑色のチェックを入れ、まず名前(「.pdf」より左)を変えておくと、分かりやすくなります。

次に、ファイル移動を必要に応じて行っておきます。

最後に、またファイル名の右に黄緑色のチェックを入れ、下の「他」から「ショートカット」を選択すると、スマホ・タブのデスクトップにショートカットが作成されます。

image

ただ、これで見てお分かりのとおり、全て同じアイコンで生成されるため、ファイル名で区別がつくようにしておく必要があるのです。
あと注意点として、これよりあとにファイル移動したりすると、ショートカットから開けなくなる(再度、前述のショートカット作成
を途中からし直す必要がある)ため、ご注意ください。

拡大縮小がしやすいだけでなく、防水端末なら大雨でも安心して開けます。
分かりやすくひとまとめにもできます。
ぜひチャレンジしてみましょう。

スマホ・タブをもって出かけよう#3(その1)

今回は、スマホ・タブで時刻表PDFを簡単に見れるように設定する方法です。

「ESファイルエクスプローラ」アプリをダウンロードします(PDFデータダウンロード後でもかまいません)。

完了したら、長崎バスホームページへアクセスし、どのタイプの時刻表データが欲しいかに合わせて選択・検索していきます。

image

あるところまで選択すると、データは自動でダウンロード・保存・表示される場合が多いと思います。。
表示されたら、ファイル名を確認します。

長崎電気軌道100年史

長崎電気軌道ホームページでは、案内ページにて、「長崎電気軌道100年史」PDFを3部門に分けて配布されています。

image

※この画像で表示のリンクバーではアクセスできません。下記よりどうぞ。

PDFデータですので、パソコンやスマホなどへ手軽に入手できます。
長崎電気軌道ホームページ、またはこちらからどうぞ。
長崎電気軌道100年史案内ページへ

【ご注意】
1.データが非常に大量ですので、スマホなどでアクセスされる方は、Wi-Fi環境(のうち、データ形式等に制限のないネットワーク)でのダウンロードをおすすめします。
2.ダウンロードや保存、閲覧などの方法は、各端末ごとの説明書などや、検索するなどでご確認ください(端末やバージョンなどで多様ですので、お問い合わせいただきましてもこちらでは対応いたしかねます)。
3.ダウンロードすることによってまれに生じうる、あらゆる損害(データの破損や誤消去、端末やアプリ・ソフトウェアなどの動作異常など)につきましても、当方(長崎教会・交通部ログ)、および長崎電気軌道では一切責任を負いませんので、あらかじめご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

新ダイヤレポート7

今回は、田上・ダイヤランド-(大平橋)-神の島線です。

神の島教会下の先に、2つ停留所が新設されました。

image

まず、神の島三丁目。
こちらは終点・起点です。
転回する上、他の路線もありませんので、標柱は1本のみです。

それと、

image

恵の家前です。

この2停間、歩いて4分の距離でした。
安息日ほどの距離です。w

この、神の島教会下-神の島三丁目 間は、昼は上下とも2時間に1便あります。
※朝や夕方~夜は異なります。

時刻表は、平日は118~124ページ、土休日は264~269ページをご覧いただくか、もしくは長崎バスホームページにて路線時刻表PDFをダウンロードしてご覧ください。

このへんがテリトリーなのか、

image

こういうネコがいました。

新ダイヤレポート2

長崎バスホームページにて配布されているPDFの、情報が更新されました。
一部、さいかい交通の情報も含まれております。

まず、教会付近(浦上地区)です。
まさに、浦上天主堂前付近に変更がされ、平和町商店街、橋口町、江平2丁目が追加されました。

image

次に、矢上地区です。
平間付近に、鶴の尾団地西口が追加されました。

image

続いて、時津地区です。
従来(旧道)の日並~木場崎と日並~中山ダムは少し上に移動され、バイパス日並、時津北部ターミナル、バイパス木場崎と時津営業所(×印)が追加されました。

image

続いて、神の島地区と伊王島地区です。
神の島教会下の先に恵の家前、神の島三丁目が追加されました。
馬込生活館前と伊王島ターミナル前の間に仲町トンネル口が追加されました。

image

続いて、日見地区です。
ペンギン水族館前の近くに、長崎総合科学大学が追加されました。

image

時刻表のPDFも更新されています。

image

詳細は、長崎バスホームページにてPDFをダウンロードの上、ご覧ください。
PDFは、バッテリー消費は伴いますが、冊子の時刻表が手元になくても、アクセスすればすぐに見れるという特長があります。

路線図

次は、路線図です。

2012年度版は、広げれば大きな紙の、

image

image

地図をそのまま路線図にしたようなもので、系統番号ごとに色分けされていたり(7・20・100番を除く)、位置関係がはっきり分かりやすい利点がありました。
今でも残っている(配付している)営業所もありますが、あまり期待はできませんので、あしからず。
おそらく、なくなり次第、配付終了です。

ところが、最新の2014年度版はまったく違い、PDFの、

image

image

このような感じです(下のは、教会の近くを拡大したものです)。
浦上天主堂前~本尾町が、なんか、めちゃ長い・・・w(実際の距離は150メートルほどです)。
間隔が実際の距離に比例していませんし、系統番号ごとの色分けもありませんが、2013年度・2014年度に加わった路線も記載されています。
また、PDFとして様々なスマホ・タブレットなどにダウンロードできることで、持ち運びが便利になりました。
一度ダウンロードしておけば圏外でも見れますし、プリントアウトしておけばバッテリー残量がなくなったりしても紙で見れます。
ダウンロードは、長崎バスホームページからどうぞ(通信料を除き、時刻表も路線図も無料)。

バス路線図は、鉄道路線図と比べて非常に複雑ですが、見ればどのへんにナニ停留所があるのかが分かり、「○○・△△・□□・◇◇経由」という表示や案内から経路を読むことが可能になります。